スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6店目 鳥よし

2014.12.10(Wed)

『居酒屋』 Comment(0)Trackback-
6店目は「居酒屋 鳥よし」です。

お富さんから徒歩1分。国道と奈井江14号線の交差点を曲るとすぐに見えます。歩道橋と薬局とお寺のある交差点です。

道順動画はこちら。やけに暗く見えますが、見た目ではもう少し明るいです。もう雪が積もりましたので、雪道だとさらに明るい。


鳥よし、実は町内にいながら初来店でした〜。一度行ってみたいな〜、と思いながら、なかなか機会がなく。

店内はこじんまりとしていて、カウンターと小上がり、厨房が見渡せます。小上がりの雰囲気、壁かけの宝船、あ〜、懐かしい感じがしますね〜。お富さんと同じ、炭火焼鳥が売りで、他にみそおでん、お好み焼きもあります。鶏めん(温かいそうめん)も人気があるとか☆

IMG_4181.jpg

IMG_4180.jpg

店は店主が1人で切り盛りしています。開店して20年!はじめの5年はお隣の浦臼にいたそうです。今の店内のカウンターは浦臼の店から持って来たのだとか!カウンターって、持って来れるのか〜、すごいな〜(あ、どうでも良いですね)。

お話中、にこにこ笑顔でなんでも答えてくれる店主、お店を始めた理由を聞くと、「焼き鳥屋さんをやるのが夢だったから」と一言。旦那さんの転勤で住まいを転々とするなか、退職をきっかけに夢を叶えたのです。ステキですね〜。なぜ焼き鳥屋なのか、気になる方は店主まで!

IMG_4184.jpg

おすすめの料理は、炭火焼鳥のなかでも、「ささり串」。鳥のせせり(首の肉)を使っています。「ささり」と呼んでいるのは、店を始めるときに譲り受けた前のオーナーの名前をそのまま使っているのだとか。一羽からとれる量が少ないので、串一本に3〜4羽のせせり肉が必要という。原価かかってますね〜。

「ささり」初体験。通常の鳥串よりも、脂がのっていて、弾力があります。味も塩こしょうとちがうな〜、と思ったら、塩こしょうだけだと脂っこくなるので、お酒としょう油を使っているそうです。なるほど〜。
このささりが食べたくて、通っている常連さんもいらっしゃるそうです。

IMG_4187.jpg

IMG_4186.jpg

実はこのせせり肉、扱う業者が少なくて(処理に手間がかかるらしい)一度はメニューから消えかけたことも。でも看板メニューなのでなんとか業者を捜し、やっと札幌で見つけて、今にいたるそうです。

そんな珍しい鳥串が奈井江で食べられるなんて、知らなかった!灯台下暗しとはこのことですね。お近くに来た時は、ぜひ食べにきてくださいねー!

ただ、店主はここ数年、体調を崩されて、足が少し不自由になり、お店にたつのも辛い日があるとのこと。急なお休みや、お客さんの居ない時は早めにお店を閉めることもあるそうなので、お電話いただいたり、ご配慮いただけると嬉しいです。

IMG_4179.jpg


営業時間 不定休 月2回/17時〜21時半
※焼鳥テイクアウトやってます お電話ください!
電話:0125−65−2774
席数 カウンター5名/小上がり12〜13名
駐車場 2台

地図でご覧になりたい方はこちら
スポンサーサイト
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 

Copyright © 2017 はらペコ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。