スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

【ラスト】11店目 からまつ園

2014.12.29(Mon)

『レストラン・食事処』 Comment(0)Trackback-
ラスト、11店目は「手打ちそば処 からまつ園」です。
はらペコさんで最後に訪問するお店は、奈井江で最も町外の方から知られている、ラストに相応しい名店で嬉しいです。
道順動画はこちら。町中心からかなり美唄より。


からまつ園は、昭和43年の創業。先代が素人同然からはじめた手打ちそばを店を開くまでに鍛錬。その腕を磨きながら、北海道のそば文化を全国区にしようと奔走したすえ、道内の手打ちそばブームの火付け役ともなったのでした。
その味は高く評価され、今も道内のあちこちからお客さんが訪れます。
今の店主に引き継がれた後も、技を磨きつつ、メニューの開拓にも力を入れ、2012年のミシュランガイドブックで空知管内のそば処唯一のビブグルマンを獲得しました☆
IMG_4523.jpg

IMG_4522.jpg

そんなからまつ園のこだわりは、やはり道産そば粉。しかも無農薬。他にもたくさんのこだわりがありますが、詳しくは公式HPで。
そして、今回おすすめの一品にあげていただいのたは、空知食材にこだわった「空知野蕎麦」です。
空知野蕎麦は、作付面積が道内一の白菜・カブ・ネギをメインに、奈井江産のしいたけ(前々回ご紹介したすまっしゅのしいたけ☆)をプラス。「カブの天ぷらで、空知の株が上がりますように!」という上手い語呂合わせも、店主が考案。寒い冬は温かいそばが体に染みますね〜。おつゆは甘みたっぷり、でも甘過ぎず何度も飲みたくなります。お昼におにぎりがサービスで付くのも嬉しい心遣い♪

《カブの天ぷらが新食感☆》
IMG_4532.jpg

《空知野蕎麦だけ器が違うという。まぼろしの道の駅店当時に作られたこの器。この文字が意味するところは・・・、一直線道!》
IMG_4536.jpg

2代目店主はカナダ帰りの異色のそば職人。小さい頃は、そばが嫌いだったとか。というのも、素人から始めた先代である父の試験作を試食させられていたから。美味しいそばができるに連れて、自然と好きになったそうです。
店主が好んで食べるのは、もりそばが多いとか。やはりシンプルにそばの味が味わえるからでしょうか。

からまつ園では毎日、打ち立てのそばが食べられます。手打ちそば処はどこでもそれが当たり前ではないようです。残ったそばはけして、翌日にだしません。余ったら、そばかりんとうにするそうです(レジ前で売ってます。美味しそう☆)。
IMG_4520.jpg

空知野蕎麦に続き、年明けには新メニューも考案中とか。どんなメニューかは・・・、教えてくれませんでした!来年が楽しみですね〜☆ 気になる方、ぜひ食べに行ってみてください。

年の瀬のいま、年越しそば用の手打ちそばも31日まで売っています。本格手打ちそばで、贅沢な年越ししてみませんか〜?
31日は15時までやってますので、ぜひどうぞ〜♪
IMG_4529.jpg

IMG_4524.jpg


営業時間(冬期 平日11時〜17時/木曜 〜15時/土日祝 〜19時)
無休(1/1〜3休み) ※31日は15時まで。
電話 0125-65-4571
住所 空知郡奈井江町字茶志内2区(国道12号線沿い)
駐車場 30台
席数 70席

公式ホームページ
スポンサーサイト

pagetop ↑

4店目 俺のたこ焼き

2014.11.20(Thu)

『レストラン・食事処』 Comment(0)Trackback-
4店目は俺のたこ焼きです!

今回は夜のみの営業ということで、夜の道順動画。
お店は、国道12号線沿いにあります。
松島屋旅館をでて、まっすぐ国道へ。
札幌方面へ歩いて徒歩2分。


駅前なのにこんなに暗いのか〜、と驚かれたりして。
でも駅から100mほどで国道12号線なので、明るいですよ。
これで、駅前の1ブロック、ぐるっと見て回った感じですね。

「俺のたこ焼き」は黄色の小さなプレハブ屋台です。
国道から少し奥まっていますが、奈井江の町中を走るとき、少しスピードを落とせばすぐわかります。

店内は狭いですが、座ってお酒も飲めるんですね。新橋のガートレール下か、はたまた新宿2丁目か。親密な空間が新鮮です。店主はこわもてのお兄さん。お店を始めて、もう10年はたつそうです。知らなかった〜!
店内


たこ焼きづくりについてお話を伺うと、一番こだわっているのは「やわらかさ」。どれも柔らかい気がする。。どんな柔らかさだろう〜。と思って、よくよく伺うと、
たこ焼きの中の様子が「とろとろのシチューか、シチューの素が固まったどろどろか」の違いだそうです。なるほど〜!なんだか、納得!してしまいました(わかるでしょうか?この微妙な違い。。)どろどろのたこ焼きは、冷めたときにだんごのように固くなって食べられないので、冷めた後に違いが良くわかるそうです。
たこ焼きのおいしさ、奥が深いですね〜。

そして、人気メニューはこちら。「ネギチーズ」。特に若い人に人気があるそうです。
チーズの扱い方に特徴があって、生地の中に入れるのでなく、鉄板の上にチーズをのせて、どろどろに溶かしてから、たこ焼きに絡めます!チーズ好きにはたまりません〜☆
チーズからめる

「ネギチーズ」ネギをたっぷり乗せるので、意外にあっさり。
ネギチーズ

ちなみに、店主のおすすめはレギューラだそうです。マヨなしで。
純粋にたこ焼きを楽しむなら、余計なものをかけないで、そのまま味わって欲しい。その方が味が良くわかる、とのこと。真剣にたこ焼きを作っている愛情が伝わりますね◎
そんなわけで作り置きはしていません。注文いただいて約30分。お待ちいただくか、お電話でご注文いただくかしているそうです。
レギュラー


今夜は常連さんがお二人来ていて、どちらも店主と深い関係のご様子(1人は同級生だった〜驚いた〜)。
取材しながら、一緒になって、いろんなお話を聞かせていただきました〜☆
常連さん


地方の常連さんも多いという隠れた人気店。
夜間に奈井江を通る際は、ぜひ一度ご利用ください☆
店主


営業時間 不定休/夕方〜
電話 090−1647−8653(営業中のみ)
場所 奈井江市街・国道12号線沿い
席数 6席
駐車場 7台
※たこ焼きの作り置きなし。30分お待ちいただくか、お電話ください。

pagetop ↑

2店目 吉野鮨

2014.11.08(Sat)

『レストラン・食事処』 Comment(0)Trackback-
2店目は吉野鮨です。
喫茶パウゼのすぐお隣。
地図でご覧になりたいかたはこちら

お隣なのですぐついちゃいますが、駅前の様子が見れます。向かう正面の道路は国道12号線。


吉野鮨はわたしが小さい時から変わらずここにある、
懐かしいお店。地元の顔ですね。
店内の柱やカウンター、鴨居の木のぬくもりは昔のまま。
お寿司やさんではありますが、メニューの種類が豊富です。
お寿司の他に、ラーメン・定食・丼ものなどなど。
メニューはこちら


その豊富なメニューの中で、お客さんからの一番人気とお店のおすすめのお料理、両方ともが、なんとラーメン!
お客さんの一番人気は、寿司・ラーメンセット。
お店のおすすめは、辛味噌ラーメン。
どちらもボリューム満点。出汁の味わいが深い、濃いめのしっかりとしたお味。この味はチェーン店には真似できませんね。辛味噌は、すりおろしニンニクたっぷりの自家製の合わせ味噌です。辛すぎず、クセになそう〜。


1、寿司・ラーメンセット
醤油ラーメンは油っぽくなく、わかめの味がふわりと香る。
鮨ラーメンセット

2、辛味噌ラーメン
白髪ネギが合います!固めの中村製麺も◎
辛味噌ラーメン


昼間は仕事中のサラリーマンや地元の常連さんで込み合う吉野鮨。
夜は出前も人気で、わたしもちょくちょくお世話になっています。
今夜は常連さんがご家族でお祝いの会食にいらっしゃっていたところを取材させていただきました〜。

お話を伺うと、奈井江駅の職員だったお父様が退職なさるとのこと。言われてお顔を拝見すれば、見覚えが!お世話になりました〜。たくさんのお孫さんに囲まれて、お幸せそう。
IMG_3665.jpg


そして驚いたことに、飛び入りのわたしに、ラミネートされた四葉をくださいました!
娘さん曰く、四葉を集めるのがご趣味だそうです。幸せのお裾分けですね。
ありがとうございます!心がほっこり温かくなりました。
これからはゆっくり、ご自分の時間を楽しんでください。お疲れさまでした☆
IMG_3649.jpg


酒のつまみなど新メニューも開発中の吉野鮨。今回は若いお嫁さんが取材に熱心に対応してくださいました。みなさん、看板娘に会いに来てくださいね〜♪

お姉さん・姪っ子さんとご家族そろって迎えてくれました
IMG_3706.jpg


営業時間 11時〜21時/月2回休み(要問合)
席数 カウンター5席/4名席×3/小上がり(4名)×4/2階座敷(25名程度・宴会可)
駐車場 4台(他は駅前駐車場をご利用ください 徒歩1分)

ホームページで、さらに詳しくご覧になりたい方はこちら

pagetop ↑

Copyright © 2017 はらペコ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。