スポンサーサイト

--.--.--(--)

『スポンサー広告』 Comment-Trackback-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pagetop ↑

6店目 鳥よし

2014.12.10(Wed)

『居酒屋』 Comment(0)Trackback-
6店目は「居酒屋 鳥よし」です。

お富さんから徒歩1分。国道と奈井江14号線の交差点を曲るとすぐに見えます。歩道橋と薬局とお寺のある交差点です。

道順動画はこちら。やけに暗く見えますが、見た目ではもう少し明るいです。もう雪が積もりましたので、雪道だとさらに明るい。


鳥よし、実は町内にいながら初来店でした〜。一度行ってみたいな〜、と思いながら、なかなか機会がなく。

店内はこじんまりとしていて、カウンターと小上がり、厨房が見渡せます。小上がりの雰囲気、壁かけの宝船、あ〜、懐かしい感じがしますね〜。お富さんと同じ、炭火焼鳥が売りで、他にみそおでん、お好み焼きもあります。鶏めん(温かいそうめん)も人気があるとか☆

IMG_4181.jpg

IMG_4180.jpg

店は店主が1人で切り盛りしています。開店して20年!はじめの5年はお隣の浦臼にいたそうです。今の店内のカウンターは浦臼の店から持って来たのだとか!カウンターって、持って来れるのか〜、すごいな〜(あ、どうでも良いですね)。

お話中、にこにこ笑顔でなんでも答えてくれる店主、お店を始めた理由を聞くと、「焼き鳥屋さんをやるのが夢だったから」と一言。旦那さんの転勤で住まいを転々とするなか、退職をきっかけに夢を叶えたのです。ステキですね〜。なぜ焼き鳥屋なのか、気になる方は店主まで!

IMG_4184.jpg

おすすめの料理は、炭火焼鳥のなかでも、「ささり串」。鳥のせせり(首の肉)を使っています。「ささり」と呼んでいるのは、店を始めるときに譲り受けた前のオーナーの名前をそのまま使っているのだとか。一羽からとれる量が少ないので、串一本に3〜4羽のせせり肉が必要という。原価かかってますね〜。

「ささり」初体験。通常の鳥串よりも、脂がのっていて、弾力があります。味も塩こしょうとちがうな〜、と思ったら、塩こしょうだけだと脂っこくなるので、お酒としょう油を使っているそうです。なるほど〜。
このささりが食べたくて、通っている常連さんもいらっしゃるそうです。

IMG_4187.jpg

IMG_4186.jpg

実はこのせせり肉、扱う業者が少なくて(処理に手間がかかるらしい)一度はメニューから消えかけたことも。でも看板メニューなのでなんとか業者を捜し、やっと札幌で見つけて、今にいたるそうです。

そんな珍しい鳥串が奈井江で食べられるなんて、知らなかった!灯台下暗しとはこのことですね。お近くに来た時は、ぜひ食べにきてくださいねー!

ただ、店主はここ数年、体調を崩されて、足が少し不自由になり、お店にたつのも辛い日があるとのこと。急なお休みや、お客さんの居ない時は早めにお店を閉めることもあるそうなので、お電話いただいたり、ご配慮いただけると嬉しいです。

IMG_4179.jpg


営業時間 不定休 月2回/17時〜21時半
※焼鳥テイクアウトやってます お電話ください!
電話:0125−65−2774
席数 カウンター5名/小上がり12〜13名
駐車場 2台

地図でご覧になりたい方はこちら
スポンサーサイト

pagetop ↑

5店目 お富さん

2014.12.03(Wed)

『居酒屋』 Comment(0)Trackback-
5店目は「居酒屋 お富さん」です。
私が「さん」付けしたんじゃないんです。店名が「お富さん」です☆

これまで駅前付近でしたが、お富さんは駅から国道を越えて西側にあります。それでも駅から徒歩5分でしょうか。
地図でご覧になりたいかたはこちら


前回の「俺のたこ焼き」さんからもゆっくり歩いて6分です。動画がぶれるのでかなりゆっくり歩きました。これは早送りしてます。
道順動画


お富さんは地元民からすると定番の居酒屋さんですね〜。それでいて、町外からのお客さんも多いようです。
定番は、焼き鳥。お隣の美唄焼き鳥が全国区で有名になりましたが、奈井江も同じ炭鉱街ですので、同じような発生で、「鶏モツと肉の混ざった焼き鳥」が昔から親しまれています。
店主曰く、肉や内蔵の部位分けで串にする本州とは違い、北海道では鳥一羽を無駄無く頂くためにそうしていたそうです。

お店の歴史は先々代のおじいちゃんから続き、もう50年ほどになるとか。「焼き鳥」と「どじょう鍋」は、その時から受け継いでいるメニュー。店内に施された木のこぶや魚を型どった飾り(以前は本物のフグの乾燥したものもぶら下がっていたはず)なども開店当時のもので、昔からの雰囲気を大切に残しているそうです。
(店内の様子をご覧になりたい方はこちら。お富さんファンのナイエFCページより)


こだわりは「季節を大切にすること」。旬のものを、その日の仕入れの状況に合わせて、適切な調理法で提供する。なので本当のおすすめはメニューにありません。日替わりのホワイトボードにその日書き込まれたものが、おすすめの料理。
美味しいものをより美味しく。料理人の心意気ですね☆

わたしもちょくちょくお世話になっていますが、ホワイトボードのお料理はどれを食べても美味しいんですよね〜。そんなわけで、おすすめ料理は残念ながらご紹介できないのですが、本日の仕入れた食材を見せていただきました!
《道産 真だち/つぶ貝/あさり貝/三陸産 さば/鵡川産ししゃも》 
IMG_4149.jpg

立派な海の幸がたっぷり〜。その時期に適した産地にもこだわっていらっしゃる。どんな風に料理されるんだろう〜、と考えるとわくわくしますね!ちなみに、副菜はなるべく奈井江産の野菜を使うようにしているそうです。

そして、今日は特別にランチのおまかせ丼をご紹介いただきました。

《おまかせ丼 本日はまぐろの山かけ!山芋はすらずにサクサク細切りが絶妙☆》
IMG_4151.jpg

実はランチもやってるんですね〜。平日のみ。メニューはラーメンと日替わりのおまかせ丼だけ。ランチは私も利用したことありませんでした。食材はもちろん夜と同じもの。つまり同じ旬のものを、新鮮素材で出してくれるので、どれも美味しいにちがいない!ボリュームもあって、お値段もかなりリーズナブルです!!
この日のまぐろの山かけ丼も、新鮮で脂ののったまぐろとサーモンが、サクサクと食感の残る山芋とあわさって、とっても美味しかったです☆

現在の店主に代替わりして、今の旬を大切にしたスタイルを取り入れたそうですが、初代からのメニューや雰囲気も大切に受け継がれています。
その店主のこだわりを伺うと、「料理をおいしく提供するのはもちろんだけれど、お客さんが楽しく食べて、飲んで、過ごせる空間をつくりたい。おいしかったよ、と帰ってもらえるのが一番」という答えが。

IMG_4154.jpg


ぜひぜひ、夜のホワイトボードに期待しつつ、楽しい一夜を過ごしに来ていただければ、きっとこの心意気が伝わると思います!
お昼にお近くを通る方、ランチもおすすめですよ〜♪
(13時で終了なのでご注意!)

※その他お決まりメニューもありますので、詳細知りたい方はこちら



営業時間 不定休 月2回/17時〜23時半
※ランチは平日のみ 11時半〜13時
席数 大広間30名/奥座敷12名/カウンター5名
駐車場 なし
※駅前駐車場をご利用ください
その他詳細はこちら



pagetop ↑

Copyright © 2017 はらペコ all rights reserved.
Powered By FC2 blog. Designed by yucaco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。